インテリアを良く見せよう

>

配置を工夫してオシャレにする

同じような色の家具を買う

赤やオレンジなどの色で揃えると、温かみのある部屋になります。
家具を購入する時の、参考にしてください。
青や水色の家具を室内に置くと、落ち着きのある部屋になります。
そのような部屋にいると、集中力を高めることができるとも言われています。
仕事をする部屋を、模様替えをしようと思っている人がいるでしょう。
スムーズに仕事を進められるよう、水色や緑などの寒色系で揃えましょう。

しかし、同じ色だけではつまらないと感じる人がいます。
白や黒は、暖色系や寒色系にも合います。
1つや2つの家具を白や黒にすると、アクセントになります。
黒は、大人っぽく見せる効果も持っています。
派手になりすぎるのを抑えてくれるので、それらの色も使いましょう。

全く異なる色の家具を配置する

新しく家具を購入するのは、お金が変わります。
これまで持っている家具を使って、もっとオシャレに見せられないか考えるのも良いですね。
家具の色に統一性がない場合は、違う色の家具をなるべく離して配置するのが良い方法です。
すると色に統一感がなくても、目立たなくなります。
新しく家具を購入する必要がないので、お金に余裕が無い人に向いています。

統一感のない色の家具を隣同士に置くと、変な組み合わせに見えます。
そんな部屋では、落ち着かないでしょう。
配置を少し変えるだけで、家具を変えなくても部屋の雰囲気が変わります。
オシャレに見せることができるので、良い配置を見つけてください。
何度も家具の位置を変えると、良い配置が分かります。


この記事をシェアする
TOPへ戻る